注文住宅の工事から引き渡しまでの流れについて

###Site Name###
TOP > 注文住宅の工事から引き渡しまでの流れについて

注文住宅の建設を工務店やハウスメーカーに依頼したときには、工事が始まると完成を待つことになります。住宅を建設するときには、資材を搬入するときに騒音が発生するなど、近隣に迷惑をかけてしまうことが考えられます。



近隣住民と円滑な関係を築いていくためには、トラブルを回避することが大切で、事前に挨拶をしておくことがおすすめです。



挨拶のときには注文住宅を依頼した営業担当者や、工事を行う施工責任者と一緒に回って、工事の日程の時期について説明することがベストです。
注文住宅は建て主がプランづくりの段階から参加をして、こだわりを持った住宅づくりになるわけですので、工事中においても現場に足を運ぶことが良いと言えます。



工事が行われている途中に疑問点が生じたときには、注文住宅の依頼先である営業担当者に質問して確認することができます。


工事が完成したら、壁や床などに汚れや傷がないかチェックすることや、建具の開閉がスムーズに行えるかどうか、設備はしっかりと動作するかどうかを確認するようにしましょう。
不具合が見つかったときには、引き渡しを受ける前に修理してもらえるのか、入居後の修理になるのか決めておかなければなりません。


トラブルが発生したときには、書面に残しておくことが重要です。

施工業者の工事完了書に押印すると手続きは完了で、住宅の引き渡しを受けます。
保証書には住宅の定期点検についてや、アフターフォローの内容、設備面において故障が発覚したときの連絡先などが記載されていますので、内容を見ておくことが大切です。


メンテナンスに関しては、有償なのか無償なのかも重要なチェックポイントになります。