『見せる』家具と『見せない』家具

社宅のインテリアで悩んでいる人は多いでしょう。

社宅は多くが昭和に建てられたもので『古めかしい』『天井が低い』という印象です。
また、部屋の大幅なリフォームが出来ないこともあり、なかなかおしゃれな空間には出来ないだろうと考えてしまいがちです。


しかし、現在古民家をイメージしたカフェやバーなど古さを生かしながらおしゃれな空間を作ることに成功している例もあります。

一枚板のテーブルの情報はかなり役に立ちます。

これらの例を参考にしながら、社宅をおしゃれな空間にするインテリアを考えてみましょう。インテリアを考えるポイントは床・家具・天井の3点です。

まずは床です。


床は入居時には畳である場合が多いですが、家具を置くと畳がへこんでしまったり、傷がついてしまったりと退去時に手間がかかってしまいます。

家具のオーダーの新しい魅力を紹介します。

そこで、ウッドカーペットやい草のラグを敷きましょう。

今までになかった長野の漢方を詳しく調べるなら便利なサイトです。

部屋の印象も床が変わるだけでガラリと変わります。


い草のラグは黒く染色されたものや市松模様のものがあり、モダンな和室のインテリアによく合います。

東京の発毛における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

また、ウッドカーペットを敷いた上からフロアタイルを貼ることも出来ますので、作りたい部屋のイメージに合わせた床にしましょう。

次に天井です。カフェなどのインテリアを参考にする店舗を見てわかるとおり、照明のデザインや光の色・明るさで部屋の全体的な空気が決まると言っても過言ではありません。

まれにシーリングソケットがない部屋がありますが、電気屋さんに頼めば千円程度で工事をしてくれます。

管理人と相談の上工事は行ってください。


最後に家具です。

社宅の天井が低いことを生かし、天井まで届く壁面収納を使うと、備え付けの家具のようなスッキリとした印象を与えます。

最新のハトの駆除方法のクチコミ評価が高いです。

反対にデザイン性の高い『見せる』家具を置きたい場合、高さの低めのものをそろえると視界が広くなり、広い印象を与えることが出来ます。


ごちゃごちゃした生活感の無い空間のインテリアにするならば、『見せる』家具と『見せない』家具の使い分けが大きな要となるでしょう。

以上の点を踏まえて、自分のイメージする部屋のインテリアにすると社宅でも十分おしゃれで快適な暮らしが出来るはずです。

http://www.downmark.com/japanese/consumer-information/care.htm
http://www.jsma.or.jp/
https://www.facebook.com/goyaclub